サッカー はじめてのパパコーチ --- 虫歯対策

虫歯対策


虫歯はスポーツだけでなく日常生活にも悪影響が出て、良いことは何もありません。
大人になったときに虫歯が一本も無いようにしてあげたいものです。

筆者の2人の子供には虫歯がありません。(2年生と3歳)
虫歯治療の経験もありません。
両親とも治療した永久歯が4、5本ずつありますので遺伝的なものではないでしょう。

これは2つの虫歯対策の成果だと思います。
1つめは歯が生え始めてからの歯磨きです。
歯が生え始めてから、レノビーゴというフッ素イオンスプレーを使っています。
この製品本来は歯磨き後にブラシで歯に塗りますが、筆者宅ではこれをつけたブラシで歯磨きしました。
筆者の子供はこの味が好きなようで、歯磨きを嫌がりません。

また、ブラッシングが強いと子供が嫌がりますので優しく磨きましょう。
ブラシの先が当たればOKなので、ブラシを押しつけないで細かく動かしましょう。

2つめは、食後のガムです。
3歳になってから毎食後リカルデントを噛んでいます。
普通のミントは子供にはちょっと無理なので、グレープ&グレープミントが筆者宅での定番です。
そのほかの味も時々出ているので見つけたら買っています。

参考に、2年生の長男は大人と同じ歯磨き粉を使います。レノビーゴは年長くらいから使っておらず、毎食後にリカルデントを2粒20分以上噛んでいます。(平日の昼食後は学校で歯磨きです)

2010/1/21


 虫歯対策



広告

結ぶ必要のない靴ひも Xtenex/エクステネクス